妊娠 超初期

妊娠初期のからだの変化と
症状について

妊娠初期に起こる母体の変化やお腹の赤ちゃんの様子などをまとめています。妊娠初期とは、妊娠2ヶ月~4ヶ月のこと。妊娠検査薬での陽性反応・医師による心音確認などを経て、妊娠が確定する時期です。

  • 妊娠 超初期
  • 妊娠 初期
  • 妊娠 中期
  • 妊娠 後期
 妊娠初期(2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月)の注意点まとめ

妊娠初期に見られる症状

妊娠初期に入ると、女性の身体にはさまざまな変化やトラブルが見られることがあります。以下のチェックリストで当てはまる項目が多いほど、妊娠している可能性は高め。生理前の不調や風邪などに似てはいますが、症状がいつもより重く長引いているなら妊娠を考えてみてください。

 
  • 生理が遅れている
  • 強い眠気を感じる
  • 胃のあたりがムカムカする
  • 食の好みが変わる
  • おりものの量が増える・状態がいつもと違う
  • 胸の張りや痛みを感じる
  • 下腹部に痛みがある
  • 普段よりも体温が高い
  • トイレの回数が増える
  • 情緒不安定になる
 
 
 

妊娠初期の症状が見られるのは、生理予定日の約1週間後あたり。しかし症状の出方や重さにはかなり個人差があり、予定日になってもまったく何も感じない方もいれば、つわり同様の症状に苦しむ方もいます。

妊娠初期の胎児と母体の様子~2ヶ月目~

4週~7週

4週~7週

妊娠2ヶ月とは、妊娠4週~7週の4週間を指します。細胞が爆発的な分裂を繰り返し、心臓・肝臓・膵臓などの重要な臓器が形成されていく「器官形成期」です。まだ妊娠が判明して間もない時期ではありますが、この時期の胎児の成長はめざましいものがあり、母体にも大きな変化が現れ始めます。つわりなどが見られる方も多いので、正しい知識を身につけて上手に乗り越えるようにしましょう。

 

妊娠2ヶ月(4週~7週)に知っておきたいこと

妊娠の兆候に気づき、妊娠検査薬で陽性反応がハッキリと出始めるのが妊娠2ヶ月ごろ。市販の妊娠検査薬の精度は高いですが、陽性が出たら1日も早く専門医を受診するようにしましょう。妊娠初期はまだ流産などのトラブルも多いときですから、順調に胎児が成長しているかどうかを確認しておく必要があります。また、妊娠が判明したら母子健康手帳を交付してもらうこと。そして、妊娠中は必ず母子手帳を携帯しておくようにしましょう。

まだマタニティグッズなどは必要ありませんが、つわりが始まる方も多いのでそれぞれの症状に合わせた対策が大事。ニオイに敏感な方はマスク、食べづわりの方はすぐ口に入れられる飴やガムなどを用意しておくと便利です。また、急な吐き気に対応できるようエチケット袋も持っておくと安心ですよ。

つわりでうまく食事ができない時期は「食べられるものを食べられるときに」が原則ですが、胎児の正常な細胞分裂を促すためにも必ず摂取したいのが葉酸。妊娠2ヶ月目に必要な葉酸摂取量は

食事から240μg+サプリから400μg=640μg

となっていますので、食事からの摂取が難しくてもサプリメントなどから確実に摂取するよう心がけてください。

 

妊娠初期の胎児と母体の様子~3ヶ月目~

8週~11週

8週~11週

妊娠3ヶ月目とは、妊娠8週・9週・10週・11週の4週を指します。3ヶ月目に入ると妊娠していることに心身が慣れ始め、妊娠初期に起こりやすいトラブルも減少。流産のリスクも低減しますが、母体はまだまだつわりの真っ最中です。胎児は心臓・脳・肺・肝臓・腎臓などの器官がすでに出来あがっており、徐々に人間らしい姿へと変化。腕や足も動くようになり、さまざまな機能がどんどん発達していきます。

 

妊娠3ヶ月(8週~11週)に知っておきたいこと

妊娠3ヶ月目になると、子宮がどんどん大きくなり少しずつですが身体のラインも変化。お腹が少しふっくらしたり、胸が大きくなる方もいるので、体型に合わせた服装を心がけましょう。ファッション優先でお腹を締めつけたり、身体を冷やすような格好をするのはNGです。ゆったりとしたスウェットや、ゴムで調整できるパンツ・スカートなどを用意しておくと安心ですよ。

また、血液量の増加から身体のむくみが出やすくなります。むくみ対策として有効なのはこまめな水分補給。摂取したいときにすぐ水分を口にできるよう、マグボトルなどを携帯しておくとよいでしょう。ただし水分の摂りすぎも身体によくありませんから、1日1.5~2リットルを目安にして。

最後に葉酸の摂取量です。妊娠3ヶ月からは葉酸の摂取目安量が1日480μgとなりますが、これは食事性葉酸の摂取量。食事だけで摂取できる葉酸の量となりますから、つわりなどがなく十分に食事ができる方ならサプリメントからの摂取は100~200μg程度でOKとなります。

 

妊娠初期の胎児と母体の様子~4ヶ月目~

12週~15週

12週~15週

妊娠4ヶ月とは、妊娠12週・13週・14週・15週の4週間。4ヶ月目に入ると胎盤の働きが安定してつわりも落ち着き、毎日のコンディションも良好になってきます。人によっては食欲が戻って体重が増加し始める時期でもありますから、体重管理をしっかりと行いたいですね。胎児は目・耳・体毛などが形成されてだいぶ赤ちゃんらしいフォルムとなり、外性器がほぼ完成。人によっては、超音波検査で性別を確認できることもあります。

 

妊娠4ヶ月(12週~15週)に知っておきたいこと

胎盤が完成するのは妊娠14週目ごろで、流産などの心配はかなり少なくなります。体調も安定して動きやすくなる時期ですが、まだまだムリは禁物です。動きやすい服装を心がけ、転倒などのトラブルから身を守るようにしましょう。

また、妊娠4ヶ月は産道を整えるための準備でおりものの分泌量が増加傾向。子宮が膀胱を圧迫することで頻尿・尿漏れが起こることもあります。下着が濡れるなどして不快に感じることも多くなりますから、通気性のよい下着やおりものシートを用意しておくとよいでしょう。

葉酸の摂取目安量は、妊娠3ヶ月から引き続き1日480μg。つわりが落ち着くので食品からの摂取も容易となります。ただ、葉酸は食品によって体内への吸収率に大きく差があるため、吸収率のよいサプリメントも上手に活用してください。

 
 

妊娠初期のお悩みQ&A

Q1.出血が見られましたが大丈夫でしょうか

妊娠初期の出血は珍しいことではなく、心配のないケースも多いものです。しかし、流産・子宮外妊娠などの兆候である可能性もあるので自己判断はNG。少量でも出血が見られたら、なるべく早く病院を受診してください。早めの対処が大切です。

Q2.便秘の解消方法を教えて

ホルモンバランスの変化から、妊娠初期に便秘を訴える方は多くなります。便秘対策として有効なのは、水分補給・食物繊維や乳酸菌などの摂取です。ウォーキングなどの適度な運動は腸の動きを促すのでおすすめですが、つわり中にムリをしたり激しい動きは避けて。

Q3.下腹部にチクチクという腹痛があります

ホルモンの増加や子宮が大きくなるにつれて、下腹部にチクチクとした痛みや引っ張られるような感覚をおぼえる方も増えます。痛みが長時間続くようなことがなければ心配ありませんが、痛みが強くなったり・症状がおさまらない場合はすぐ病院へ。

Q4.微熱が続いています

妊娠期間中に微熱が続く方も見られますが、これはプロゲステロン(黄体ホルモン)が脳の体温中枢に影響を及ぼしていることが原因と思われます。37℃前後の微熱があっても、体調がよければ問題はないでしょう。むやみに薬を飲んだりするのは避けてください。

Q5.吐き気が強くて食事ができません

つわりで吐き気が強いと満足に食事ができず、「赤ちゃんに栄養を届けられない」と不安に思う方もいるでしょう。しかし、妊娠初期はムリをせず、食べられるものを食べられるときに口へ入れればOK。急な体重減少がなければ、母体にもともとある栄養で胎児は育ちます。

Q6.動悸が激しくなるのはなぜ?

妊娠すると分泌量が増えるプロゲステロンは呼吸中枢を刺激するため、動悸・息切れなどの症状が激しくなることもあります。ひどくなると呼吸困難を起こす恐れもあるので、苦しくなったら気持ちを楽にして身体を休めるようにしましょう。深呼吸や水分補給も有効です。

Q7.トイレが近くなるのはなぜでしょうか

妊娠すると子宮が大きくなり、膀胱を圧迫することが頻尿の原因です。そのほかにも、腎機能の活発化・ホルモンバランスなども頻尿の原因の1つと考えられています。尿意をガマンすると膀胱炎などの感染症を引き起こすこともあるので、こまめにトイレへ行く習慣をつけましょう。

Q8.めまいが多く、クラクラします

めまいは妊娠初期のつわりのひとつの症状として挙げられていますが、これはホルモンバランスによる自律神経の乱れが原因と言われています。急に行動するとめまいが起きやすくなるので、急に立ち上がったり頭を動かしたりするのは避けましょう。めまいが起きたら、症状が落ち着くまで安静にすることも大切です。

Q9.眠くて仕方がないときは?

妊娠すると増えるプロゲステロンというホルモンには、眠気を誘発する作用があります。眠気の感じ方には個人差がありますが、強い眠気があるときの仕事・車の運転などには気をつけてください。休める環境にあれば、ムリをせず眠ってしまうのが1番です。

Q10.頭痛の対処方法は?

妊娠初期は、自律神経の乱れから頭痛が起きやすくなります。つわりの頭痛は主に偏頭痛。頭の片側がズキズキ痛む場合は患部を冷やし、締め付けられるような痛みの場合は患部を温めた方がよいでしょう。妊娠中でも飲める鎮痛剤はありますが、自己判断での服用はできるだけ避けた方が賢明。

 
Copyright (C) 妊娠中の健康管理カレンダー All Rights Reserved.