下痢

妊娠中(妊娠初期~後期)の下痢を
解消するには?

妊娠中、とくに妊娠初期に起こりやすいトラブル「下痢」。なぜ下痢になってしまうのか、その原因について詳しくまとめてみました。下痢を防ぐための方法や、なってしまったときの解消法についても必見です。

  • 妊娠 超初期
  • 妊娠 初期
  • 妊娠 中期
  • 妊娠 後期

妊娠中(特に妊娠初期)におこる下痢の原因とリスク

妊娠初期に起こりやすい下痢は、プロゲステロン(黄体ホルモン)が原因の1つであると言われています。プロゲステロンには腸の運動を抑制する作用や、腸の中の水分を奪う作用があり、腸内の機能バランスが乱れやすくなるのです。妊娠中はこのプロゲステロンが大量に分泌されるため、機能が乱れて下痢を起こしやすくなります。

また、妊娠中は胃腸機能が低下。脂っこいものや刺激の強いものを食べ過ぎると消化不良となり、下痢を引き起こすことがあります。妊娠初期に見られる「食べづわり」も下痢の原因とされていますが、口に食べ物を入れていないと気分が悪くなってしまうため、飴やガムなどで口寂しさを解消するようにしましょう。

自律神経が乱れ、体温調節がうまくいかなくなることによる「冷え」も下痢の原因です。冷えは下痢だけでなく母体や赤ちゃんの成長にも悪影響を及ぼすため、しっかりと対策を取ることが大切です。妊娠中の下痢が流産などを引き起こすことはありませんが、症状が長引いたり悪化する場合は感染症の恐れもありますので、専門医に相談するようにしましょう。

妊娠中(妊娠初期)の下痢を解消する方法

妊娠中の困った下痢を解消するための方法をまとめました。日常生活にすぐ取り入れられるものばかりですので、ぜひ参考にして。

食事に工夫をする

体を冷やす食べ物・飲み物を控え、消化がよく身体を温める食べ物を取り入れるようにしましょう。身体を芯から温めてくれる生姜はとくにおすすめ。ただし生の生姜は身体を冷やす食材なので、乾燥生姜を取り入れた方がよいでしょう。妊娠初期のつわりで食事がままならない方は「食べられるものを食べられるときに」が基本ですが、できるだけ消化のよいものを心がけて。

冷え対策をする

身体が冷えないよう、腹巻き・ネックウォーマー・ソックスを着用するなどの対策をしましょう。とくに夏場は薄着で過ごすことが多く、クーラーなどで身体が冷えやすいときです。夏でも腹部・足元はしっかりと防寒し、お腹を温めるようにしてください。身体が冷えるとお腹の赤ちゃんも居心地が悪くなりますし、つわりの症状が悪化することもあります。

水分補給をしっかりと

下痢をするとつい水分を控えてしまいがちですが、下痢に寄って失われた水分をしっかり補給することが大切です。脱水症状を防ぐためにも、1日1.5~2リットルの範囲でこまめに水分補給を行ってください。冷たい飲み物だけでなく、白湯などを取り入れるのがコツですよ。

妊娠初期の妊婦さんがお悩みの下痢に関する体験談

 

私の場合、便秘が数日続いた後に下痢になるというサイクルでした。下痢になるととにかくお腹が痛くて、おなかの赤ちゃんが心配に。医師に相談したところ「問題ない」とのことで安心しましたが、お腹は極力冷やさないよう気をつけて過ごしました。

 
 

妊娠8週目で下痢が続き、毎日つらい思いをしました。腸内環境がよろしくないとのことで、産婦人科で処方されたビオフェルミンを飲んでいましたが、あまり効果はなかったかな・・・。安定期に入ったらピタリと止んだので、つわりの一種だったのかもしれません。

 
 

ひどい下痢が止まらず「食中毒!?」と思うほどで、流産しないかとヒヤヒヤ。しかし、下痢が流産に繋がることはないとのことで、それよりもストレスを溜めずにゆったり過ごすことが大切と言われました。その後はあまり気にしすぎず、身体を温めるようにして乗り切りました。

 
 

何かを食べるとすぐに下痢をしてしまい、外出もできず大変でした。とにかく冷え対策をし、体を冷やさないように心がけるのが精いっぱい。お義母さんがつくってくれた生姜スープがとても美味しく、身体もポカポカ温まって助かりました。

 
Copyright (C) 妊娠中の健康管理カレンダー All Rights Reserved.