頭痛

妊娠初期~後期に起こる
頭痛の原因と解消法

妊娠中、とくに妊娠初期によく見られる「頭痛」。なぜ頭痛が起こるのか、薬に頼らず対処するにはどうしたらいいのかなど解説しています。同じ経験を持つ先輩ママからの口コミも参考にどうぞ。

  • 妊娠 超初期
  • 妊娠 初期
  • 妊娠 中期
  • 妊娠 後期

妊娠中(特に妊娠初期)におこる頭痛の原因

妊娠中、とくに妊娠初期に多く見られるマイナートラブル「頭痛」。その原因と考えられているものは以下の通りです。頭痛は日々の生活に支障をきたすほか、ストレスの原因ともなるので注意したいもの。妊娠中は気軽に鎮痛剤を使うワケにもいかないので、頭痛の原因をしっかりと理解し、上手に対処していきましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠中に大量分泌されるエストロゲン(黄体ホルモン)の影響で脳血管が拡張し、頭痛が起きやすくなります。

血行不良

ホルモンバランスの乱れによる冷え・運動不足・疲労・ストレス・不眠などが血行不良を引き起こし、脳の血流が悪くなることで頭痛が発生します。

水分不足

つわり・食欲不振・下痢などに悩まされている方は水分が不足しがち。水分が不足すると血液がドロドロになり、血行不良による頭痛を引き起こします。

鉄欠乏性貧血

妊娠中は血液量が増加しますが血球成分(赤血球・ヘモグロビンなど)は増加しないため、血が薄くなり貧血を起こしやすい状態。血液内の酸素が欠乏することで頭痛を引き起こすことがあります。

高血圧

妊娠中は体への負荷が大きくなり、血圧も高めに。高血圧になると脳血管が広がり周囲の神経を圧迫するため、頭痛が起こりやすくなります。

妊娠中(妊娠初期)の頭痛を解消する方法

頭痛には「偏頭痛」と「緊張型頭痛」があり、頭痛を解消するにはまずどちらのタイプなのかを見極めることが大切です。偏頭痛は脳血管の拡張が原因で、頭の片側がズキズキと痛むのが特徴。吐き気・嘔吐・目の周辺やこめかみの痛みなどを伴うこともあります。緊張性頭痛は血管の収縮が原因で、頭全体がしめつけられるような痛み。肩や首のコリ・眼精疲労・ストレスなどが引き金となります。それぞれ解消法が異なり、間違った対処をすると症状が悪化することもあるので注意しましょう。

偏頭痛の対処法

偏頭痛の場合は、痛みのある部分を濡れタオル・冷却シートなどで冷やすのが効果的。拡張した血管が収縮し、痛みが徐々に治まります。テレビ・携帯電話などの強い光を避け、暗い部屋で休むと◎。また、カフェインには血管収縮作用があるため、頭痛が起きる前に薄めのコーヒーを飲むのも効果的です。ただし、妊娠中は1日1~2杯程度に留めて。

緊張型頭痛の対処法

血管の収縮による緊張性頭痛を解消するには、患部を温めるのが効果的。蒸しタオルなどを頭に乗せたり、お風呂で血行を促進するとよいでしょう。肩コリ・眼精疲労などが原因となっていることも多いため、マッサージを取り入れるのもおすすめ。妊娠中の気分転換やリフレッシュにもなりますよ。

妊娠中はできるだけ薬に頼らない方がよいですが、どうしても我慢できない頭痛の場合は専門医に相談を。妊娠中でも安心して服用できる鎮痛剤や漢方薬などを処方してもらえます。

妊娠初期の妊婦さんがお悩みの頭痛に関する体験談

 

妊娠初期は頭痛と肩こりがひどく、カイロで首から肩を温めて乗りきりました。マッサージは自分でやってもイマイチ効果がないので、整体院へ。つわりや頭痛に効果のあるツボなどを教われたので役立ちましたね。安定期に入った頃には、頭痛に悩まされることもなくなりました。

 
 

「あ、頭痛がきそう」と思ったら薄く作ったコーヒーを飲みました。カフェインの摂りすぎはよくないですが、1日1~2杯程度なら大丈夫とのことだったので頭痛対策として常備。いざとなったらコーヒーがあると思うと気が楽でした。

 
 

3ヶ月くらいから安定期くらいまで頭痛に悩まされました。頭痛は「痛い!痛い!」とパニックになると余計に痛みが増すので、痛みが少しずつ小さくなるよう落ち着いてイメージトレーニング。気持ちが落ち着くと、痛みもだいぶマシになりますよ。

 
 

頭痛がひどくて病院で漢方を処方して貰いましたが効果がなく、お手製のホットタオルを愛用していました。あとはとにかく横になり、痛みの波が引くまでしっかり休むようにしていました。身体の冷えにも気を配ることが大切だと思います。

 
Copyright (C) 妊娠中の健康管理カレンダー All Rights Reserved.