セックス

みんなはどうしてる?妊娠初期の性行為(セックス)についての疑問

「妊娠中はセックスしない」という方も多いですが、性行為に適した時期・体調などのルールを守れば問題ありません。むしろ、パートナーとの絆を深めるためにも重要なことなので、正しい知識を学びましょう。

  • 妊娠 超初期
  • 妊娠 初期
  • 妊娠 中期
  • 妊娠 後期

妊娠中(妊娠初期)のセックスの正しい知識

妊娠中の経過が順調で心身のコンディションもよく、腹部の痛み・出血・切迫流産などの危険性がなければ基本的にセックスはOK。「お腹の赤ちゃんに影響があるのでは?」と不安に思う方もいますが、赤ちゃんは子宮と羊水に守られているためセックスによって衝撃を与えたり・傷つけたりすることはありません。性行為自体が流産や早産の直接のキッカケになることもないので、安心してください。

ただし、ムリな体位・激しい動きは避けた方が賢明。とくにママが「苦しい」と思うような行為は、赤ちゃんにとっても負担となります。また、妊娠中だからと避妊具を使わないのはNGです。感染症などを防ぐためにも、きちんと使用するようにしましょう。

妊娠初期・中期・後期の性欲や負担について

妊娠中のセックスは問題ありませんが、いつでも可能というワケではありません。妊娠の経過に合わせて変化させていくことが大切です。

妊娠初期

妊娠初期のセックスは可能ですが、安定期に入るまでは母体・胎児ともに不安定な状況。つわりがある人も多く、性行為どころか日常生活すらままなならい方も多いでしょう。ホルモンバランスの乱れから気分のアップダウンも激しいため、コンディションが悪いときのセックスはできるだけ避けましょう。

妊娠中期

安定期に入るとつわりが終わる方も多く、気分的にもセックスに対して前向きになれる時期となります。生殖器・乳房などへの血液量も増えて充血することから、性欲がアップするママも少なくないようです。心身共に安定してセックスを楽しめる時期ですから、パートナーとのスキンシップを大切にしましょう。

妊娠後期

妊娠後期はお腹もグッと大きくなり、ちょっと動くだけでも大変な時期。出産が近づくことで不安が大きくなり、性欲が少なくなっていく人も。経過に問題がなければもちろん性行為自体は可能ですが、精子の中には子宮収縮作用を持つプロスタグランジンという物質が含まれているので注意。早産を避けるためにも、必ず避妊具を使用してください。また、乳頭への刺激も避けた方が◎。

性行為(セックス)が制限される場合や気をつけること

以下のような症状が見られる場合のセックスは厳禁となっています。

  • 出血が見られる
  • 切迫流産・早産の兆候や経験がある
  • 前置胎盤・低置胎盤の場合
  • 多胎出産の経験がある
  • 子宮頚管が短くなってきている
  • 破水しているとき
  • 医師に安静を指示されている

妊娠中は初期・中期・後期を通してムリな体位(後背位・屈曲位など)や激しい動きは避け、できるだけ浅い挿入で時間も短めになるよう工夫しましょう。セックス中に気分が悪くなったり、お腹が張る場合はすぐに行為を中止してください。また、身体や手指をきちんと洗って清潔にし、雑菌などが入らないようにすることも大切。感染症予防・衛生面のことも考えて、避妊具は必ず使用しましょう。

妊婦さんが語る妊娠初期の性行為(セックス)に関する体験談

 

セックス自体は問題ないと分かっていても、気分的に乗れず消極的に。ただ、夫婦のスキンシップがまったくなくなってしまうのは不安だったので、毎晩一緒にお風呂に入るようにしていました。

 
 

妊娠初期から性欲が変わらず、体調もよかったため週3回くらいのペースでしていました。ただ、深い挿入やムリな体位は自然と避けるようになっていきましたね。お腹が張ったらすぐ中止!が暗黙のルールでした。

 
 

おなかの赤ちゃんに何かあったら困る!とセックスを拒否し続けていましたが、母親学級で正しい知識を身につけてからはムリのない範囲で楽しむようになりました。性的な快感を得るというより、女性として見てもらえて嬉しいという満足感の方が大きかった気がします。

 
 

つわりも軽かったため、性生活自体にあまり変化はありませんでした。夫は私の身体の変化を気遣ってくれましたし、徐々に大きくなるお腹を見て父性も芽生えたようです。産後の性生活復帰もスムーズでした。

 
Copyright (C) 妊娠中の健康管理カレンダー All Rights Reserved.