腹痛

妊娠中(妊娠初期~後期)の腹痛で
不安を感じたら

妊娠中、とくに妊娠初期に見られる症状の1つに「腹痛」があります。痛みや症状の出方は人それぞれですが、下腹部が痛むことで妊娠の継続に不安を感じる人もいるようです。正しい知識を身につけ、不安を解消していきましょう。

  • 妊娠 超初期
  • 妊娠 初期
  • 妊娠 中期
  • 妊娠 後期

妊娠中(特に妊娠初期)におこる腹痛の原因

妊娠初期に起こりやすい腹痛は、下腹部のあたりに現れることが多め。激しく痛むというよりは、生理痛のような鈍痛に近いでしょう。お腹が引っ張られるような感覚や、下腹部がつるような感覚をおぼえる方もいるようです。

こうした腹痛は、妊娠して子宮が大きくなろうとすることが原因だと考えられています。子宮が大きくなって周囲の臓器を圧迫したり、靭帯が引き伸ばされることで感じる腹痛の2種類がありますが、痛みが長期間にわたって続くことはありません。お腹で赤ちゃんを育てるための準備が行われている証拠ですから、あまり心配しすぎず安静にして過ごしましょう。安静にして症状がおさまる腹痛は、一般的に問題がないとされています。

妊娠初期の腹痛は珍しいことではありませんが、流産の兆候とされる危険な腹痛もあるので要注意。長時間にわたって痛みが続く・下腹部の締めつけられるような痛み・ズキズキと痛む・痛みが強くなる、といった症状が継続して起こる場合は流産もしくは流産しかかっている可能性があります。自己判断は避け、すぐに専門医を受診するようにしてください。

妊娠中(妊娠初期)の腹痛やお腹のハリを解消する方法

妊娠中に腹痛が起きた場合や、お腹のハリを感じたときの解消法をご紹介します。

安静にする・リラックスする

下腹部の痛みやつるような感覚の対処法としては、まず横になって安静にすること。痛みのある方を下にして横になると、多くの場合は症状が緩和されるようです。ストレスや不安が腹痛を引き起こしていることもあるので、心身共にリラックスすることも大事。好きな音楽や映画を見るなど、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

胃腸をいたわる

胃腸の疲れが腹痛を引き起こすこともあるので、できるだけ胃腸をいたわりましょう。消化器系に負担をかけない食事を心がけるとともに、ヨーグルトや乳酸飲料などで腸内環境を整えると◎。腹部を冷やすのもいけませんから、冷たい飲み物・食べ物もできるだけ控えましょう。

身体を温める

身体の冷えは腹痛の原因となるため、腹巻き・くつした・ひざ掛けなどで冷えから身体を守りましょう。軽い運動を取り入れ、新陳代謝・血行を促進するのも効果的です。

妊娠初期の妊婦さんがお悩みの腹痛に関する体験談

 

妊娠初期に、よく下腹部に痛みを感じました。筋や皮が引っ張られるような痛みで、医師は心配ないと言っていましたが不安で不安で仕方がなかったのを覚えています。しかし、私の不安をよそに赤ちゃんはスクスクと育ってくれました。

 
 

歩くと腹痛が起きやすく、最初は軽い痛みでも徐々に締めつけられるような痛みに変わり、すぐ安静にしないとダメでした。とにかくムリをしないことが重要と言われたので仕事を休職しましたが、赤ちゃんのためなので後悔はなかったです。

 
 

はじめての妊娠で下腹部に痛みを感じ、すぐ病院へ。子宮が赤ちゃんを育てる準備をしていると言われ、ホッと胸をなでおろしました。不安があればすぐお医者さんに相談するとイイと思います。気が楽になりますよ。

 
 

妊娠中は初期から安定期にかけて腹痛が起きやすく、「痛みが出たらすぐ休む!」というのを心がけていました。できるだけ下半身を冷やさないようにし、温めるようにしたら発生の頻度が減った気がします。

 
Copyright (C) 妊娠中の健康管理カレンダー All Rights Reserved.