妊娠8ヶ月

妊娠8ヶ月(28週~31週)
成長する赤ちゃんの様子

妊娠8ヶ月目(妊娠28週・妊娠29週・妊娠30週・妊娠31週)のママのからだの変化と、お腹の中の赤ちゃんの様子について分かりやすく解説しています。

  • 妊娠 超初期
  • 妊娠 初期
  • 妊娠 中期
  • 妊娠 後期

妊娠8ヶ月の赤ちゃんの成長と母体の変化

妊娠28週・妊娠29週・妊娠30週・妊娠31週にあたる妊娠8ヶ月目の赤ちゃんと、ママの身体の変化についてまとめています。出産まであと3ヶ月となり、出産や母親になる不安などを感じやすい時期です。正しい知識をしっかり身につけ、不安を取り除いておきましょう。

妊娠8ヶ月目の赤ちゃんの成長

妊娠8ヶ月

妊娠8ヶ月目の赤ちゃんは、お腹の中で以下のような成長を続けています。

妊娠28週目の胎児の様子

妊娠28週目の胎児の大きさは390~400mm・体重は1000~1300g程度。身長の伸びる速度は遅くなってきますが、ここから臨月にかけてあとまだ10cmほど成長します。体温の調整機能が整い、横隔膜を上下させて羊水を飲み吐きする呼吸の練習が活発化。内臓機能もほぼ完成し、外で生きていくための力がつきます。また、聴覚が完成に近づく時期なので、妊娠28週目頃は胎教にも最適な時期です。

妊娠29週目の胎児の様子

妊娠29週目になると、胎児の大きさは400~410mm・体重は1,100~1,600ほどに成長。胎動が非常に激しくなり、お腹の上から胎児の動きが分かるほどです。脳の発達もスピードアップし、脳溝(脳のしわ)が形成され始めるのはこの時期。情報処理の能力も高まり、記憶・感情が芽生えて内臓器官の働きも充実していきます。外部からの刺激やママのストレスを胎児は敏感に感じているので、イライラや夫婦ゲンカなどは避けるようにして。

妊娠30週目の胎児の様子

妊娠30週の胎児の大きさは410~430mm・体重は1,300~1,750gほど。呼吸・消化・体温調節ができるようになっているため、この時期に外へ出ても適切な処置があれば健康に育ちます。睡眠のリズムができ、20~30分ごとに睡眠と覚醒を繰り返しているのが特徴。起きると眼球や口を動かしたりするので、超音波検査でハッキリとその動きが見えることもあります。

妊娠31週目の胎児の様子

胎児の大きさは、妊娠29週になると420~420mm・体重は1,400~1,900gまで変化。顔や頭が丸みを帯びてきて、新生児とほぼ変わらない外見となります。身体が大きくなって子宮内で動けるスペースが減り、赤ちゃんが骨盤に固定されることで胎動の数が減少。胎動が減っているのは出産に向けた準備なので心配はありませんが、1日に1度も胎動を感じない場合はすぐ病院へ行きましょう。

妊娠8ヶ月目の母体の様子

妊娠8ヶ月

妊娠8ヶ月目のママの身体は、以下のように変化していきます。

妊娠28週目の母体の様子

子宮が大きくなることにより、胸やけ・胃もたれ・胃痛・吐き気・ゲップなどの症状に悩む方が増加。胃に優しいメニューや、少量ずつ何回かに分けて食べるなどの対策をとりましょう。また、胎児の栄養源となるブドウ糖が優先的に送られるため、甘いものを食べたくなる傾向アリ。急激な体重増加を避けるためにも、お菓子・ジュース類の過剰摂取には注意しましょう。

妊娠29週目の母体の様子

子宮内の羊水量が最大になり、お腹が大きくせり出します。身体のバランスが崩れやすく、足元も見えにくいので転倒に注意しましょう。また、妊娠29週ごろはおりものの量が一層増える時期でもあります。これは膣内への雑菌侵入・繁殖を防ぐための防御システム。シャワーやビデなどで洗いすぎると雑菌が繁殖しやすくなるため、下着やおりものシートをこまめに替えるなどして対策を。

妊娠30週目の母体の様子

胎児の成長で皮膚が急激に伸び、妊娠線ができやすくなります。お腹だけでなく胸や太もものあたりにもできやすいので、日頃からしっかりケアをしましょう。膀胱が子宮に圧迫されることで、尿漏れを起こしやすくなる点にも注意。尿漏れは、妊婦の約7割が経験すると言われるマイナートラブルです。尿漏れパッドなどを用意するとともに、骨盤底筋群を鍛えるエクササイズなどを心がけて。

妊娠31週目の母体の様子

子宮の大きさで横隔膜が圧迫され、動悸・息切れが激しくなる時期です。適度なストレッチやマッサージなどで緩和されることもあるので、悩んでいる方はいろいろと工夫をしてみましょう。また、背中を反らせた姿勢をとりやすくなるので腰痛にもご用心。症状の発生や悪化を防ぐためにも、正しい姿勢と歩き方を意識してください。

Copyright (C) 妊娠中の健康管理カレンダー All Rights Reserved.