妊娠9ヶ月

妊娠9ヶ月(32週~35週)の
プレママのトラブル対処法

妊娠32週・妊娠33週・妊娠34週・妊娠35週にあたる、妊娠9ヶ月目の赤ちゃんとママのからだの状態についてをまとめています。

  • 妊娠 超初期
  • 妊娠 初期
  • 妊娠 中期
  • 妊娠 後期

妊娠9ヶ月の赤ちゃんの成長と母体の変化

妊娠32週・妊娠33週・妊娠34週・妊娠35週にあたる妊娠9ヶ月目の赤ちゃんと母体の変化について分かりやすく解説しています。赤ちゃんの発育も最終段階に入り、出産が近づいてきました。この時期に起こりやすいトラブルなどを上手に予防しながら健康に過ごしましょう。

妊娠9ヶ月目の赤ちゃんの成長

妊娠9ヶ月

妊娠9ヶ月目の赤ちゃんは、お腹の中で以下のような成長を続けています。

妊娠32週目の胎児の様子

妊娠32週目の胎児の大きさは420~430mm、体重は1,400~2,100gほど。多くの胎児は骨盤に頭をつけるような姿勢で固定され、動きも落ち着いてきます。血液が全身を循環し、排せつ機能も順調に機能。皮下脂肪がつくことで身体のしわがなくなり、ふっくらと赤ちゃんらしい身体つきになってきます。精神面では喜怒哀楽の感情が生まれつつあり、超音波検査で笑顔やしかめっ面などが見られることも。

妊娠33週目の胎児の様子

妊娠33週目になると、胎児の大きさは430~450mm・体重は1,600~2,300gほどに成長。羊水を飲み込むことで呼吸の訓練を続け、外へ出てすぐに息ができるよう準備しています。一定のリズムで寝たり起きたりを頻繁に繰り返しているため、大きな音や刺激を与えるのはNG。睡眠と覚醒のリズムが崩れ、胎児がストレスを感じやすくなります。

妊娠34週目の胎児の様子

妊娠34週の胎児の大きさは450~460mm、体重は1,800~2,500g程度に。すでに新生児と同等の内臓機能が備わっており、心拍や呼吸も上手にコントロールできるようになります。脳神経が発達して感情が芽生え、筋肉も細かく動かせるため表情が豊かに。聴覚もほぼ完成しているので、お腹に話しかけたり触ったりすると反応が返ってくることもあります。

妊娠35週目の胎児の様子

妊娠35週目の胎児は、大きさが460~470mm・体重は1,900~2,700g程度に。さらに皮下脂肪がついて体脂肪率は約8%に、全体がふっくらとして手足にくびれが見られるようになります。この時期になると胃腸が徐々に機能を始め、肺呼吸も可能になるのが特徴。万が一35週で出産ということになっても、赤ちゃんは自発的に呼吸ができます。

妊娠9ヶ月目の母体の様子

妊娠9ヶ月

妊娠9ヶ月目のママの身体は、以下のように変化していきます。

妊娠32週目の母体の様子

胎児が大きくなることでお腹を押されるような胎動が増加、お腹の張りを感じやすくなります。しばらく安静にすれば通常はおさまりますが、出血・破水が見られる場合はすぐ病院へ連絡しましょう。また、子宮が大きくなることで胃もたれ・息切れ・腰痛・便秘などのマイナートラブルが増加。体重も増加しやすくなりますが、急激に増やすと妊娠高血圧・妊娠糖尿病になる恐れがあるので気をつけて。

妊娠33週目の母体の様子

妊娠33週目になると、母体は出産に備えてお腹が張りやすくなります。これは前駆陣痛と呼ばれる子宮の不規則な収縮で、本陣痛とは異なるもの。出産に向けて身体が準備を始めている証拠なので、心の準備も始めておきましょう。また、お腹が大きくなることで睡眠がとりにくくなったり、足がつったりすることも。抱き枕などを利用すると睡眠時の体勢が楽になることもあるので、いろいろと工夫してみましょう。

妊娠34週目の母体の様子

子宮が内臓を圧迫し、頻尿・胸やけ・むくみ・足の付け根の痛みなどのマイナートラブルが続く時期。この時期に起こるトラブルは出産後に自然と解消されるものが多いので、あまり心配しすぎずうまく乗り越えましょう。出産に向けて恥骨や膣の付近が緩むようになり、骨盤のあたりに痛みを感じることもあります。辛いときはムリをせず、横になるなどして身体を休めるようにしましょう。

妊娠35週目の母体の様子

妊娠35週目になると、非妊娠時に比べて子宮の容量は約800倍に。身体が重くなって生活しにくくなるほか、痛み・倦怠感・体調不良などが続きやすくなります。ストレスを溜め込まないよう、周囲の人にサポートして貰いましょう。また、貧血にも気をつけたい時期。貧血をそのままにしておくとフラフラして転倒したり、出産時の出血が多くなったりするので早めに対処を。

Copyright (C) 妊娠中の健康管理カレンダー All Rights Reserved.